大会結果:Results

大会結果:Results

第4回 極真連合杯 世界空手道選手権大会

4TH KYOKUSHIN UNION CUP WORLD KARATE CHAMPIONSHIP
Naha, Okinawa 21, 22 January 2017

2017年1月21日(土)・22日(日)/日本・沖縄県立武道館アリーナ
男子 無差別 (MAN Open Weight)
優 勝 71. 長田 裕也 (Yuya Nagata) 日本 (JAPAN/Kobe)
準優勝 01. ティムール・ライムベコブ (Timur Raiymbekov) カザフスタン (Kazakhstan)
第3位 35. 石嶺 雄大 (Yudai Ishimine) 日本 (JAPAN/Hyogo)
第4位 53. 重松 翔 (Sho Shigematsu) 日本 (JAPAN/Miyazaki)
第5位 26. 喜久山 泰道 (Yasumichi Kikuyama) 日本 (JAPAN/Okinawa)
第6位 44. 照屋 彰人 (Akihito Teruya) 日本 (JAPAN/Okinawa)
第7位 57. 金 鍾吉 (Kim Jong Kil) 日本 (JAPAN/Kansai)
第8位 17. 芦高 侑平 (Yuhei Ashitaka) 日本 (JAPAN)
最優秀技能賞
(Best Technique)
26. 喜久山 泰道 (Yasumichi Kikuyama) 日本 (JAPAN/Okinawa)
女子 無差別 (WOMAN Open Weight)
優 勝 08. 石嶺 茉央 (Mao Ishimine) 日本 (JAPAN/Hyogo)
準優勝 12. ソロンゴ・イシカーン (Solongo Iskhan) カザフスタン (Kazakhstan)
第3位 13. ミリアム・エル・ハリフ (Myriam El Harrif) カナダ (Canada)
第4位 03. ヤスミン・レバシ (Yasmine Rebbache) カナダ (Canada)
最優秀技能賞
(Best Technique)
08. 石嶺 茉央 (Mao Ishimine) 日本 (JAPAN/Hyogo)
女子 無差別 (WOMAN Light Weight)
優 勝 09. 山口 千怜 (Chisato Yamaguchi) 日本 (JAPAN/Osaka)
準優勝 13. 淺古 麗美 (Reimi Asako) 日本 (JAPAN/Saitama)
第3位 15. タマル・ビビレイシヴィリ (Tamar Bibileishvili) ジョージア (Georgia)
第4位 01. アナラ・スユンドコヴァ (Anara Suyundukova) カザフスタン (Kazakhstan)
最優秀技能賞
(Best Technique)
13. 淺古 麗美 (Reimi Asako) 日本 (JAPAN/Saitama)

第4回極真連合杯世界空手道選手権大会における混乱事案についての声明

本年1月22日に、沖縄県立武道館において開催された表記大会準決勝戦におけるカザフスタン及び日本代表選手の延長戦試合終了の際に、主審が「やめ」をコールした後にカザフスタン選手が攻撃を行ったことから、反則として「注意」を与えられ、既に同選手は反則を行っており「注意2、減点1」となった結果、日本選手が判定勝ちとなりました。この判定に納得しないカザフスタン選手が日本選手を攻撃したことから、双方の選手関係者多数が試合場に上がり混乱となりました。この際、カザフスタン側が審議委員に「双方の大声援により、やめの声が聞こえず攻撃したものであり反則ではない。」との異議申し立てがありました。

審議委員(日本人2名、外国人5名で構成)が試合の録画再生を行い協議したところ、大声援の中「やめ」の声が聞こえなかった可能性が高いことが確認でき、その結果、再試合を行い、更に本試合の行動の処分については後日判断するとの結論に達し、審判長の裁可を得て再試合を行いました。

国際空手道連盟試合規約には、選手の粗暴な振る舞いについては「失格」となる旨が定められていますが、本試合においてはそれに該当しないとして執行されておらず、更に当組織においては、該当規定以外は選手個人についての懲罰処分は規定されていません。よって、カザフスタン選手への懲戒を行う根拠はなく、また、混乱を越した双方の選手関係者に対しても懲戒を行う根拠もないので、今後は早期にこのような事案の発生を抑止するためにも、適切な懲罰規定を策定する所存であります。 なお、カザフスタン側には、騒動の原因になった選手に対し厳しく対処するよう通告しております。

2017年2月20日
一般社団法人国際空手道連盟極真会館
理事会